ミドルリッチ転売プログラム

販売サイトに稼げた実績が記載されていますが・・・2012年4月22日って、古くないですか?販売時期からしてせめて、今年の実績を載せておくべきでしょうなんというか、ツメの甘さを感じますそもそも私はせどりビジネス自体懐柔的ですこんな手間暇かかるものよりももっと率のいいビジネスはたくさんあると思います調べたわけではないですが、本当に儲かっている人は全体の5%にも満たないでしょうライバルが多いのでかなり薄利多売でないと稼げませんしその分時間もかかりますし正直コスパは低いと言わざるを得ません実際リサーチしてみればわかりますが、仕入れ値と売値が実績例のようなことはまずありません。

商品リサーチにはツールを使うようですが、商品が見つかっても本当に売れるものか、判断するには目利きが必要であり、自分が出品しても同じように売れるかどうかとは別問題なのです転売ビジネスのノウハウというのは人に教えれば教えるほどに自分が不利になっていきますなぜなら必然的に出品者、落札者が増えて飽和状態になるからですゆえにノウハウを売る者殆どが「稼げないからノウハウを売って儲ける」という連中と思って間違いはありません私の友人が昔せどりの経験がありブックオフに行っては古本のバーコードを読み取って価格差のある本を探すという日々を送ってましたねその利益率の低さと手間の多さにすぐにやめましたそれだけせどりで稼ぐのは大変な労力なのです。

検索すると無数にステマブログが引っかかりますね私的にこの時点でアウトです販売元住所ですが近くに電車すら通っていない田舎です転売ビジネスで大儲けしている人がなぜにこんなところに?田舎が好きだからなんて言い訳が聞こえてきそうですが、稼ぎ方を教える商品を売る立場と言う事を弁えて欲しいものですまぁおそらくデタラメな住所だと思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加