AUDNZDでサザンクロスFX

販売元の住所ですがトータルミュージックデザインという、オーディオ製品販売店となっていますが、どういうことでしょうか?一緒に住んでいる身内がやっているというオチですかね?投資のノウハウを教えるという立場の人間が、なぜオーディオ製品販売店に住んでるのか不思議です私だったらそのような人から投資は学びたくないですねそして自作自演ブログの数が半端ではありません「試してみる価値あるかも」「買ってみてもいいかな」商材名、販売者、「詐欺」など検索に使われそうな単語、これらで検索すると多数のステマブログが引っかかりますステマ自体悪とは思ってないですが、これはやりすぎです。

完全逆効果ですね悪評を目立たなくするというのがバレバレです自分の商材は悪い評価が多くなるだろうって言っているようなもの内容的には年に8回のみのスウングトレードですそしてタイトル通りオーストラリアドルとニュージーランドドルのペアに特化した手法らしいです先にも書きましたが取引量が少ない通貨はそれだけでリスクです約定がすべるという現象は需要と供給の差が激しいときに起こりえるのですスイスショックの例を挙げると、普段ならいくらでもあるはずの反対売買の玉が、このときだけは絶対的に不足していたわけです結果ロスカットは滑りに滑りって多くの口座がマイナスに・・・オーストラリアドルはまだしもニュージーランドドルは、スイスフランよりもさらに流通量が少ない通貨です下落率も南アフリカランドやトルコリラとほとんど変わりません勝率9割と謳っていても残りの1割ですべてを失う可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加